2015年5月30日土曜日

ちかごろとこれから


さいきん、Twitterでも書いてマースとかしか呟かなくなってきたので、少しブログをつづります。

 

とは言っても、特にお知らせがあるわけでもないので、サクサクくだらないことをば。前回のブログでも言いましたが、次のイベント出展は10月のテキレボだろうと思います。これに関しては、わたくし結構張り切りまして、アンソロの短篇とか書いちゃった。もうできてる。

 

あと、11月文フリ、それくらいかなあと思います。いままで二回文フリに出展してきて、なんとなくイベントの空気感にも触れたので、違うのにも出てみようと思った次第です。10月に合わせて新刊つくろうと思うと、もしかして大変なんじゃ……?とあとから思ったのですが、とりあえずやるだけやってみましょうね。

 

あと、いろいろな企画に出てみようかなとか、画策中です。面白いアンソロジーとかあったら是非お誘いくださいと言いたいところ。気になるものに関しては競争率高そうだなあとかはらはらしつつ、執筆の機会を増やすことをいまは目指しています。

 

けっこう、やること多くてキャパ超えそうでこわくはあるのですが。

 

5月の文フリを終えてから、感想をいただいたりでむくむくやる気をだし、今もそのやる気は継続中です。なので、最近もばりばり原稿してますし、このペースが続けば10月に新刊出すのはいける気がするんですよね!(すごくこわいテンション)。

 

自分の所属するとこの活動とかといろいろバッティングしたりもするんですが、個人活動をぬるぬるがんばりたいです。わーい。なんというか、手ごたえを感じています。やはり公募などはしておらず、現状はイベントのみでの創作物の頒布ですが。それで満足するなと言う方もいそうですが、やりたいことはあとからあとから出てくるだろうし、現状は素直に自分に従ってゆきたいです。

 

直近ではアングラ~な小説を二万字くらいで書きました、これをメインに新刊をつくろうかと考え中。毎回新鮮な気持ちで挑戦してゆきたいので、実験実験!って。なります。『うつくしき貌』で外連味というかモチーフを排除しつつ関係性を描くことのむずかしさを痛感したので、やはりわたしはもう少し直接的なモチーフの力を借りつつ、こう、アグレッシブでセンシティブな……?

 

生理を揺るがすことが目標です。いつでも読む人のことを攻撃したい。落山の小説読んで気持ち悪くなってしまえ、と思っています。わたくしは小説は腕力だと常々言っているのですが、力でねじ伏せる(?)ことをもう少しあからさまに言葉にしてみようかという実験になりそうです。

 

といろいろ言いつつも、結局のところその場その場で書けるものしかそこにはないので、特に目論見などないというスタンスで相変わらずひとりサークル。目標は「ひれ伏せ!我、落山ぞ!」です。いつかどこかでどなたかとコラボとかしてみたいですね。極度の人見知りです、どうも。受け身万全でお待ちしております。(→falling3goat8.5@gmail.com

 

 

 

落山 羊

 

 

近況◎

映画を観るのが好きなのですが、なんとわたくしまだ、敬愛するテリー・ギリアム監督の新作を観に行けてないのです。ゆゆしきことですよね。この前は、目黒シネマで『竜二』と『青春の殺人者』の二本立てを観に行ってまいりました。『竜二』のあの感じ、すごい身近でいいテーマ思いついたのに、忘れちゃった。『青春の殺人者』目当てだったので、なんというかやっぱりすごく好きだなーと思ったのでした。でも比べると、『太陽を盗んだ男』のほうが好きかな。どっちもどっち、とあきれ顔で言って、でも好き!ってギュッとしたくなる。とりあえず、『ゼロの定理』観に行かなきゃですね。

 

最近あまり本を読んでいません。いや、読んでいるんですけれど、並行読書の悪癖のせいでまったく読み終わりません。気がつけば十冊くらい並行していて、なんというかたまに空しくなります。岩波文庫で出た『巨匠とマルガリータ』をメインに読んでいます。ブルガーコフ、『悪魔物語・運命の卵』がすごく好きだったので。残念ながら『犬の心臓』は読んでいませんので、そちらもいずれ読みたいものです。(すごくどうでもいいんですけれど、ロシア文学のいわゆる大御所をいっさい読んだことがないんですよね。あの、ドストエフスキーとかチェーホフとかトルストイとか。でも、ロシアすき……ってよくなります。そのうち大御所も読みたい。……こういうことを言う時はだいたい読まない。)

0 件のコメント:

コメントを投稿