投稿

有翼人アンソロジー『プテリュクス』収録作品あらすじ

イメージ
こんばんは!
ヲンブルペコネです。

5月12日に迫りましたコミティアについてのお知らせその②『プテリュクス』続報です。Twitterのほうで先行して情報を出してはおりますが、あらためてこちらのブログでもまとめますね。

◆スペース番号
【G33a】ヲンブルペコネ となります!
当日は「おざぶとん」さんのお隣にスペースを展開いたします。

◆書誌情報

有翼人アンソロジー『プテリュクス』
文庫判・カバー付き 本文172頁 頒布価格600円(予定)
イベント終了後は、 https://fallingoat.booth.pm/ にて通販を行います。
※通販開始の際は落山のTwitter(@You_Ochiyama)からお知らせします。

執筆者(あいうえお順・敬称略)
梶つかさ
跳世ひつじ

宮崎笑子
八束

装丁
春也

==================================================

◆『プテリュクス』収録作品紹介

八束『Ángel1892』
Twitter @yatsukami
傾きかけた軍事政権の支配する国、暗黒街のクラブでドラァグ・クイーンとして活躍するノヴィアを、彼女の少年時代を知る「先生」が尋ねる。先生は彼女に対し、寄宿舎学校での思い出を語ってほしいと頼むが――

梶つかさ『アンリエットに言伝』
描くべきものを見失い、自分を変えてくれるような「運命」を求めるハンナ。
祖母の遺言に従い訪れた辺境の街で、彼女は不老の娘アンリエットに出会う。

跳世ひつじ『翼女伝奇』
星を司る孤独な獣は、ある日矢をうけ、地上へと墜落してしまう。
時を同じくして、幼い娘は野原に倒れる美貌のおんなを見つける。おんなの背中に突き立った、一本の矢。
娘の父は、その矢は己が射かけたものだというが――?

宮崎笑子『林檎の苗床』
Twitter @eco_miyasaki
ひと月前、淫魔を拾った。それもまるでダメな落ちこぼれ淫魔だ。燃費が悪くてすぐに俺の精力を食べたがる淫魔にちょっとうんざりしている。そんな、俺と淫魔の奇妙な同居生活は、ある日を境に崩れ落ちる……。

捺『そして春は去ってゆく』
Twitter @nat_zki
私は人間の持つ可能性を、翼の形で見ることができる。
漫画家として芽が出ずにくすぶっていたときに、美しい翼を持つ女性ボーカルに出会う。彼女の可能性が辿り着く先を知り…

△有翼人アンソロジー『プテリュクス』情報発表△

イメージ
こんにちは!

タイトル通り、COMITIA128に参加申し込みしました!
それに伴い、新刊の情報を発表しました。

有翼人アンソロジー「プテリュクス」です。



昨日、Twitterでも発表しましたが、あらためて執筆と装丁をやってくださるみなさんを紹介しますね。
あいうえお順敬称略です。


【小説】
梶つかさ
跳世ひつじ

宮崎笑子
八束

【装丁】
春也


それぞれ個性豊かなみなさんなので、たぶんわたしがいちばん本できるのを楽しみにしています。
「有翼人の登場」ということのみをお題に、自由に書いてもらうアンソロジーです。
一冊で色々読めるけど確実に有翼人が出るのでうれしいですね!

現在絶賛原稿中なので、応援してください……そして楽しみにしていてくださると嬉しいです!


「有翼人アンソロジー」ということですが、事の発端は単にわたしが「翼の生えたひとが出てくるやつで、書きたいのあるー」って言ったことです。
短編一作で一冊の本を作るのはちょっとなーと思ってみんなたちに声を掛けたらのってくださいました。ヤッタネ!
テーマというよりは、ひとつのモチーフをみんなで書くぞー!という雰囲気ですね。
現代モノから時代風ファンタジーまで、舞台やジャンルもバラバラの作品が集まる予定です。

落山羊と跳世ひつじのTwitterを中心に情報を公開してまいりますので、チェケラおねがいします!

また、コミティア128はどうやら1000サークル程度落選が出る見込みらしいです。
落選の確率はいつもの開催の比ではないようなので、正直出られるかどうかは微妙です……。
その際の対応は未定ですが、とりあえずはイベント合わせの新刊として宣伝していこうと思っております。
(なお当落は4月5日に速報されるみたいですね)


それではまた、当落発表タイミングあたりでも更新しま~す。

◎らっこ電位図「肘が微笑む日」公開◎

こんばんは!
お久しぶりです、ヲンブルペコネです。

先日確定申告を無事に終え、いまは何もミスがありませんように……とお祈りをしています。
あらためてお気持ちを切り替え、今期も粛々とお仕事をがんばろうと思います。体を壊さない程度に!!

さて、タイトルの件です!
3月12日に【らっこ電位図】のフリーノベルゲーム第2弾が公開されました。


「肘が微笑む日」
https://www.freem.ne.jp/win/game/19710

■企画・絵・スクリプト:梓義朗
■音楽:べの
■シナリオ:落山羊

■あらすじ
イマドキの女子高生、海野真奈美の趣味はピンク映画館へと足を運ぶ事。
ある日いつものように映画館へ行くと、そこには館内で動画撮影をする怪しげな男・須和仙太郎がいた。
映画監督のタマゴだという須和は、真奈美に自分の映画への出演を持ち掛ける。

選択肢なし、プレイ時間は1時間程。
制作ツールはNscripter。


というわけで、今回も梓さんの企画原案をもとにシナリオ制作を担当いたしました。

前作の「青い欠如」よりもテキスト量は増えております。
また、今回はビジュアルノベル形式からADV形式です。モブのつもりで書いていた「おじさん」に立ち絵がついているのを見て、狂喜しました。

そして須和仙太郎、非常にいじらしいキャラクターとして書けたのではないでしょうか!梓さんの描かれた須和仙太郎のビジュアルがものすごくタイプなので(髪の長さと、表情差分がとくに……)自分のテキストだったのに「愛い!」とおもいました。

ぜひぜひお気軽にダウンロード&プレイしてみてくださいね。

↓ちなみに前作「青い欠如」はこちらです。
https://www.freem.ne.jp/win/game/17982


ということで、サークル【らっこ電位図】新作のお知らせでした。


が、近日またブログを書きます!
なぜならCOMITIA128に参加申し込みをしたからです。
どうやらかなりの応募多数で抽選になるようなので、参加確定!ということではないのですが、新刊を製作中です。
続報をお待ちください。

アデュー!

★COMITIA126参加報告&通販開始のおしらせ★

イメージ
こんばんは、ヲンブルペコネです。
先日25日はCOMITIA126に参加しておりました。
当日ブースにお越しくださったかた、本を手にとってくださったかた、ありがとうございました!
そして売り子をしてくれたみんなたちもまことありがとう。

今回のブログ記事はゆるいお気持ち日記(れぽ)と、新刊その他の通販開始のおしらせでしゅ。
通販開始のお知らせから参ります。飛ばさないで。あわよくば注文してください。

============================================================

さて、通販です。
新刊『梔子青の足』のほか、残部少の既刊『赤錆びと渇きの。』『眩暈の紫』『病める白百合』も登録してあります。あんしんブースなんたらで送りますので、送料は一律365円。こちらに住所等の情報は渡りませんので、あんしんしてご利用ください。



【新刊】『梔子青の足』 B6判/152ページ/800円/装画:悠さま
https://fallingoat.booth.pm/items/1111688

山の中腹に抱かれた方楼は、強大な母に支配された家だった。
溺愛された娘・青浪が婿を迎えるとき、家には変化が訪れる。

三年前、戦役から帰還し醜い容貌へと変わり果てた兄・春峰。
青浪の婿として迎え入れられた美貌の青年・深玉。

ふたりのおとことひとりのむすめ、そして母という存在を交え、愛憎はやがて破滅へと至る。
霞立つ山で梔子がかおれば、青竹とおとこの背がしなり、鳴き声は淵へと転げ落ちてゆく。
ーー落花想顺水而流,流水想伴花而行。
中華風ファンタジー。
※初出 https://kakuyomu.jp/works/1177354054882889518

新刊!です。
執筆自体は去年の秋ごろにはすべて完了していた10万字程度の作品です。
製本にあたって、全体的な修正を加えてあります。
カクヨム版では当社比でけっこう読んでいただいて、ありがたいことにレビューもちょうだいしました。上のリンクから飛んでいただきまして、レビューちらっと見てもらうとどんな雰囲気のお話なのかわかりやすいかと思います。
個人的にはお耽美ご家族ファンタジーです。

文章がきつきつでくさかったので修正するの正直つらかったです。
いつも思うんですが、きつきつめに書くと目が当てられないんですよねのちのち……。今回中華ものとい…

COMITIA126お品書き

こんばんは、ヲンブルペコネです!
明日がCOMITIAです!
ブログあとで更新する~って言ってぼーっとしてたら前日の22時過ぎてましたうひょ~。最近なんかやたらめったら寒いせいで、ヘロヘロで気力がないのですが、明日はちゃんとシャキッとしておこうと思います。

まず!
ヲンブルペコネのブースですが!
【Z65a】ヲンブルペコネ【Z65a】 おぼえたね!?!?
当日はどこかに新刊のフライヤーでも貼っておこうと思います。
それか紙に書くから、ヲンブルペコネですって。


①新刊『梔子青の足』
B6版/152頁/800円
著者……跳世ひつじ
装画……悠さま

カクヨムに掲載していたものに、全体的に修正を加えたWEB再録になります。
やっと出ました。お待たせしました。

加えまして、しばらくイベントには持って行ってなかった既刊を委託サイトから引き揚げましたので、復活したものがあります。

②既刊『赤錆びと渇きの。』 600円
③既刊『眩暈の紫』 400円
④既刊『病める白百合』 600円

②~④のものはそれぞれ部数があまりないので、もし確実に欲しいというかたがいらっしゃいましたらTwitterなどからお声がけくだされば取り置きします。


ヲンブルペコネの頒布物は以上になります!
が、今回はひとりサークルのうちにゲストがきてくれます~。

そう!
八束せんせいです。

八束『方舟の椅子』 800円 ※R18
八束『On Being an Angel』 500円

八束せんせいのTwitter(@yatsukami)をみてね!
試し読みとかあるよ!

八束せんせいの入門書である『On Being an Angel』と、わたしが超感銘をうけた『方舟の椅子』の2点を当サークルのブースで頒布いたします。
ぜひぜひ八束せんせいのご本をお求めにいらっしゃい……!!


というわけですごいヘロヘロだってことが伝わったでしょうか?
久し振りのイベント出展なので色々忘れているような気がしてなりません。
今まだファミレスで仕事しているのですが、帰ったらちゃんと荷物確認しようと思います。

当日はよろしくお願いいたします!
ぴえー!

ヲンブルペコネ一同

◎らっこ電位図「青い欠如」公開しました◎

おはこんにちは! 夜の3時ですよ!

文フリもコミティアもでなかったので、もうぜんぜん活動していないかんじになってきて自ら驚愕し通しの落山です。ご無沙汰しております。小説書きたいですね。

最近何をしているかというと働き、遊び、生活をしています!
そしてノベルゲームの制作に参加していました!

===========================================

花屋の前で出会った少女・倉橋明日香さん。
ぼくは毎週月曜日と水曜日、ひとりぼっちの彼女と公園で会う約束をする。
――彼女に感じる奇妙な懐かしさ、その謎を解き明かしたいと思って。

【らっこ電位図】によるうノベルゲーム第一弾。
選択肢なし、プレイ時間は1時間程。制作ツールはNscripter。

企画・絵・スクリプト:梓義朗
シナリオ:落山羊
音楽:Nectarpilair

=========================================== ▼ダウンロードは以下からどうぞ▼


ふりーむ「青い欠如」 https://www.freem.ne.jp/win/game/17982

フリーゲーム夢現「青い欠如」
https://freegame-mugen.jp/adventure/game_7276.html

===========================================

イェーイ!
わたし、ノベルゲーム好きなんですよね。
そのむかし(?)はTwitterでフリーゲーム好きの方からおすすめを聞いて遊んでいました。実写加工背景を見ると心がほっこりします。

今回の「青い欠如」は、【らっこ電位図】主宰の梓さまが企画・絵・スクリプトとどんどこ制作してくださいました。
Nectarpilairさまのサウンドもむかしなつかしかわいい音です~。
落山は梓さまからいただいた原案をもとにプロットとシナリオを制作しました。
とっても楽しかったです!

プレイ時間は1時間程度だと思われますので、もしも興味がありましたら上記リンクから
どうぞ◎


生存している現状を報告するブログでした!
個人でのイベント出展やら製本やらの予定は今のところ立っていないのですが、しばらくはなんか作る予定もぽろぽろとあるので(あるかな?)、またなんかあればこちらでもご報告できればと思います~。

今夜のおやつはワッフ…

驚愕! 卒業しました。

イメージ
お久しぶりです。
先般COMITIAを欠席してからというもののブログ更新もしておらず、Twitterもアクティブではなく、どうもなんというか2017年から2018年にかけてはのろのろしている印象だったかと思います。
色々あって~ 忙しくて~ たはは~ ロシアンルーレットが~
等々ぶつくさ(?)言っていたのは何かといいますと、いわゆる就職活動と卒業論文、そして自分がフリーランスとしてやっていた仕事等々で……。 まあ何ほどのことでもなかったということです。
そして記事タイトル通り、本日大学を卒業いたしました。



つい先程学位をいただいてきました。 某大学文学部で、中国史の勉強をしていました。 漢文が未だにちゃんと読めませんがなんとか卒業論文も受理されていたようで、一安心です。 (どうやって書いたんだろうね?)
如何せん大学が巨大だし、特にいまありがたいお言葉はいいかな……という気分なので、式はパスで……。これまで自分を切り売りするような感じが嫌であまり個人的なことは書いてこなかったのですが、今日は記念に何か書こうと思い立った次第です。
文学フリマ等に出展するような同人活動を始めたのは、大学一年生の秋でした。 当初はいわゆる文芸サークルに所属していました。文フリにも出展していたので部誌を手に取ってくださった方もいたかと思います。そのサークルの先輩や同期連中がブンガクブンガク! と言っているのに影響され、かといってサークル内でがつがつするのはちょっと怖かった(なにせ文学に疎いし、専門も文学ではなかった)ため、一人でなんかやろう……と思ってヲンブルペコネを始めたんですよね。懐かしいです。 はじめて出した『ドライ・メライ・ドーリーズ』も今見返すと読みにくくてしゃーなくて、同人誌について何も知らなかったことが窺えますね。収録作品は好きなのですが、とにかく組版が読みにくい。そして当時組版という言葉を知らなかった(今もよく知らない)。 そんなこんなで文フリにあわせて半年に一冊ほど、『うつくしき貌』『ラプラスの新悲劇』まで続けて出して、それから『鰐と運命的滅亡のメルルカ・アンポルカ』『&Blue』『赤錆びと渇きの。』『眩暈の紫』『病める白百合』『あかるいところできちんとしぬ』『ロリポップ2017』等々の個人誌、さらにはたくさんの人々にお世話になりつつ何冊もの合同誌に参加させていただきました。

同人活動にかけた金銭や時間っ…