2017年5月8日月曜日

第二十四回文学フリマ東京活動報告

こんばんは!
ゴールデンウィークが終わりましたね。昨日5月7日は文学フリマ東京でした。
ヲンブルペコネも参加してまいりましたので、今回はその参加報告です。


◎遅刻した
前日夜まで静岡にいたので、まぁ絶対起きられないだろうな……とは思っていたのですが案の定寝坊・遅刻をかましました。それでも流通センターに着いたのは10時半くらいだったので、まぁこれは遅刻でも軽度でしょう。と思ったらサークル参加の列がかなり長くてびっくりしました。一般参加すげーじゃんって見てたらサークル参加の列だった。


◎設営


既刊の在庫がかなり少なかったので今回はだんだん段ボールを使うまでもなく平置き。雑なポップが案外いちばん見やすいし労力いらないのでその場で書いてました。わーい。今回は『鰐と運命的滅亡のメルルカ・アンポルカ』が文フリガイドへの推薦をいただいたので、ポップもらえました。
だんだん段ボールの何がいいって目隠しになることだったのでわたしが今回地味に落ち着かなかったような気はします。ブースに来てもらった人を極力見ないようにするのがポリシー(?)なのですが、あさっての方向を見ていてなんだこいつと思っていたらなんかすみません。

あといつも言ってるやつ今回も本当にど忘れしてたんですよ、ほんとマヌケだなと思うんですが「スペース番号の掲示」……してなくてすみません、わかりにくいですよね。特徴ある設営をしているわけじゃないので毎回いい加減にしろよと自分で思っているんですが意識から落ちがちです。つぎはきをつけます。
あと、メルルカ・アンポルカの紹介文とか、自分で書いて掲示しておけばよかったです。


◎頒布成果
落山の既刊ないです!とか言っていたのですが箱から『&Blue』と『ドライ・メライ・ドーリーズ』が1冊ずつ出てきたのでおいていました。その他『七本脚の蜘蛛』もラス1だったのを手に取っていただけまして、最初のブース写真から早々に3種類消えて左側のスペースががらん……としていたかと思います。さらに午後には『赤錆びと渇きの。』も完売しました。「Twitterで見かけて……」という方が多かったので、拡散してくださったり感想くださったり、本当にありがとうございました。
また、表紙を見て「これ絶対好きなやつだ……」と言って買ってくださった方が印象深かったです! そしてメチャクチャ嬉しかったです。本当に美しい表紙です、赤錆びがなくなるとブースがちょっとさみしかった!(なにしろ白百合とメルルカを隣に置いてしまったので白かったのです!)

一応文フリ初頒布なのが『病める白百合』だったので、いちばん手に取っていただいたのも白百合でした。前日のコミティアでもおざぶとんさんに委託頒布していただいたのですが、そちらで手に取ってくださったかたもありがとうございました。
自分で頒布するとき白百合の説明ができなくて「BL小説です」って言ったけどあれは嘘でした。ぜんぜんBLじゃないです、すみません……。

文フリはリピートしてきてくださる方が多くて、いつも支えられているなと思います。感想を直接いただけるとイベント出て良かったなぁと実感します。今年は趣味以外のことに忙殺されていて小説をじっくり書いている余裕がないので、WEBで書いていたりするのですが、落山でちゃんと小説を書きたいなとはずっと思っています。気長にお待ちください……。


◎お買い物
今回はほとんど狙い撃ちです。
4月もテキレボあったし、積読がすごくて。と思っているのに、いつもいくサークルさんしかいっていないはずなのに、なぜかまた結構買ってしまった気がします。
直接感想をもらうのが嬉しいとさっき書きましたが、自分が言えるのもやっぱりイベントならではですよね。Twitterとかだと文章ちゃんと書かなきゃ(いつも叫んでしまうが)、と思って腰が重いので直接言えるのと心が楽です。ニコニコしてたら嬉しいし!
あっでも衝動買いした本ももちろんありました。読むのが楽しみです。ギャーッてなれば感想を書くと思います!
白い服を着ていたのでカレーは食べませんでした。毎回こぼすので……。その代り(?)クルミドコーヒーさん、水出しコーヒー飲みましたー。


◎イベント所感
ややまったり目だったような気がします。まぁ、GW最終日だしね。
わたしは寝不足のせいかなんだかゴキゲンでしたが帰った途端ぐわっと疲れが着てリビングで撃沈しました。足は揉んだ。8時間寝ても回復しない。
隣のブースがキャンセルで空いていたせいか、のびのびできたのが嬉しかったです。
今回は何だか早く撤退するひとがかなり多かった印象です。終わりの方なんかがらーんとしていましたね。まぁ最後まで座っていようと思ったら片付けモタモタしてしまって、ポツンと残されて慌てました。机を運んでくれた後輩さん、ほんとうにありがとうございました。
ブースで話しかけてくださる方も多かったのですがおもしろいことは言えなかった。いつも言えない。あと奔放にお出かけしてしまっていたので入れ違いになっていたらごめんなさい。
最近Twitterはイベント時くらいしかアクティブにしていなくて、宣伝もあまりしていなかったのですが、ちゃんとやろうと思いました。やっぱりTwitterを見て……という方が多いので、大事だなと思い直した次第です。


次回参加のイベントは未定です。とりあえず秋の文フリは申し込んでおこうかな……とは思っています。しかし新刊ないイベントいくのなんか切ないので、それ次第ですよね。跳世ひつじじゃなくて落山の新刊出せるように頑張ります。
またTwitter中心にお知らせするとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
そういえば先日少女小説合同誌『愛され姫はワルツを踊れない』の発表がありました。八束さん、捺さん、装画の白飯さんという力こそパワーな方々とご一緒させていただきます。気にかけていただけるとうれしいです!


◎番外1:通販に関して
手持ち分が完売した『赤錆びと渇きの。』ですが、アリスブックスさんでの通販は継続中です。在庫はあまりないのですが、よろしければご利用ください。すでに手持ちがない『眩暈の紫』、またイベント用在庫僅少の『病める白百合』も同じくアリスブックスさんで購入して頂けますので、ホーン3作あわせて……とかどうでしょう。
なお販売ページはこちらです。
『赤錆びと渇きの。』http://alice-books.com/item/show/6028-1


◎番外2:打ち上げ
打ち上げでは比恋乃さんにお声がけいただき、ヘキや創作に関わる方々と中華!してきました。閉会後の待ち合わせへ、ドーナツ食べながら行ったら笑われました。
とても楽しい時間を過ごせました。オタクなのでオタクできてうれしかった。
皆様、ありがとうございました。


◎番外3:WEB連載
現在不定期更新ではありますが、跳世ひつじ「梔子青の足」という小説をカクヨムにて連載しています。
◆あらすじ◆
山の中腹に抱かれた方楼には、強大な母に支配された家だった。溺愛された娘・青浪が婿を迎える時、家には変化が訪れる。三年前、戦役から帰還し醜い容貌へと変わり果てた兄・春峰。青浪の婿として迎え入れられた美しい青年・深玉。
 ふたりのおとことひとりのむすめ、そして母という存在を交え、愛憎はやがて破滅へと至る。霞立つ山で梔子がかおれば、青竹とおとこの背がしなり、鳴き声は淵へと転げ落ちてゆく。――落花想顺水而流,流水想伴花而行。


という感じです。
ご興味がありましたら飛んでみてください。


それでは、またいずれかのイベントでお会いできましたら幸いです。

ヲンブルペコネ

0 件のコメント:

コメントを投稿