2015年8月13日木曜日

テンヤ・ワンヤ


おばんです。

ご無沙汰です、落山です。

なぜご無沙汰か、原稿がいっぱいあるからです。いま息抜きですので、だらっとしたブログです。

 

軽く告知だけしようかなと思いまして。

まず、秋の文フリ東京、ぶじにスペースを取ることができました。ヲンブルペコネはまた純文学を騙るようです。いつもよりはっちゃけているので、従来の作品を読んでいただいたかたがたにおきましては、なんだこりゃァ!となるのではないでしょうか。(そうだったらいいな)

でも、そういうかんじというか、実験的になったので、見放されそう(きゅんきゅん)というちょっとしたおそろしさもあります。でも個人的にはちょう面白いんですよね。もとよりゲテモノ好みな側面がちょっぴりあったものですから。そういった意味に注目すれば、いわばゲテモノの王道(?)をいった作品集になるのではないかと思います。新刊の原稿はほぼ出来上がっています、がんばりました、わたくし。

 

その新刊ですが、先に文フリに触れておいてなんですが、最初の頒布は10月10日のテキレボ2になります。こちら、初参加です。楽しげなイベントなので、みなさま奮って一般参加もサークル参加もしたらいいんじゃないかしらんと思います。まだ申し込み、できたはず。

 

話題がとんで申し訳ありませんが、また文フリに戻ります。

文フリ、落山がなぜこんなにアタフタしているかというと、寄稿いっぱいだからです。おそらく、自スペースと、よそ様三か所くらいに落山が出現するはずです。落としたくない!!!!

ですので、情報がいろいろ確定し次第また告知しようと思いますので、その際はよろしくお願いいたします。

 

直近の予定では、某所にてエッセイを書きます。エッセイて。語ることがあるのか落山、果たして!?

不安ですね。あまり面白味のある人間でなし、趣味もそうそうないし、うむむむむと唸っています。なにがしかの楽しいかんじのふわっとしたものを書きたいです、ひとびとの脳みそをゆるめていくようなものをですね……。

 

なんかこの原稿に追い回されているかんじ、軽率すぎる自分が問題だとようやく気がつき始めました。返事がいいのが取り柄です。あと声もけっこう大きいです、自分。頭は足りていなくとも、それでなんとかなってきてしまったところ、世の中けっこうがばがばですね。

 

今月はそんなこんなでネットプリントできるかアヤシイんですが、そちらの情報はどちらかというとTwitterのほうを注目していただければなあと思います。

 

ではまた!某所でお目にかかりましょう。

 

 

 

落山 羊

 

 

◎近況

もう海に2回も行きました。海って大きい。小説あんまり読んでません。10冊くらい並行しているせいで、ちっとも進まないのです。そして忘れてゆく、不便です。いろいろやらねばならぬこととの優先順位をつけられなくて、結果暑さにやられているかんじも、自分、雑魚っぽいんですよね。伊藤計劃の『虐殺器官』を最近になってようやっと読みました。コメントは控えます。そういうこと。難しいなァ、いろいろ。
 
わたしはすこぶる「下手な」読者ですので、あしからず。これでけっこう苦労するけれど、「上手な」読者になるのってやっぱり、訓練がいるんですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿