2015年10月21日水曜日

文フリ東京まで一か月くらい、の告知


こんばんは!

先日のテキレボはおつかれさまでした!

感想をいただいて嬉しい気持ちになったり、戦利品からつながることのできた素敵なひとびとのツイートを見たりしながら、かのイヴェントの余韻にひたったりしている落山です。

 

先日、来る11月23日月曜祝日の文学フリマ東京のスペース配置が発表されました。

ヲンブルペコネは一階の【A-27】です。壁サークルです!(はたして)

同時にWEBカタログも公開されておりますので、リンクを貼っておきますね~。みなさまどうぞ、ご活用ください。かくいう自分はあまり使わないのですが、便利であることは認識しています。

自分は配置図に大きく赤マルをつけないと思い出せないのであった。

 

 

さてそんな文学フリマに向けまして、暗躍しております。

テキレボで初売りした『ラプラスの新悲劇』を新刊として持っていくのですが、ほかにも何か出したいなーともだもだしているのです。しかしちょっと、かなり、いろいろと込み合っており、ここ二ヶ月くらい修羅道で弁慶の立ち往生をしている気分で生きているので、実現は疑わしいです。もし出たらラッキイ、くらいの気持ちでぬるく見守っていただければさいわいです。

 

本日ブログを書いたのはお品書きおよび、寄稿先のお知らせをしたく思ったからなのでした。

 

★ヲンブルペコネ【A-27】←入口はいって、右手の壁です。

……新刊『ラプラスの新悲劇』、既刊『ドライ・メライ・ドーリーズ』増刷分と『うつくしき貌』ほか、無料配布本を三種類か四種類持っていきます、たぶん。

 

★山猫文学会【F-31】←入口はいって、左手の壁の、さらに一番奥あたりです。

……新刊『e526 #4』とコピー誌があるはずです。こちらの『e526』には「アンブレ・ラ・プソディ」という一篇を寄せております。傾向としては無料譜配布本や先日のテキレボアンソロのような作風です。ご参考までに。

 

★ニライカナイ【B-16】←落山のスペースとお向かいの列ですね。

……冊子名がまだわからないのですが、「メンヘラ」をテーマに掲げた本に一篇「パンゲアとゴンドワナの破局に際した鰐たちの運命」という短篇を寄せています。テーマがテーマなので大層頭を悩ませた結果、さして「メンヘラ」ではない小説になってしまいました。が、個人的にかなり気に入っている作品でもありますので、読んでいただけたらなあと思います。他の作品もけっこうおもしろかったです。

 

冊子の形式になるのは自スペースと、山猫文学会、ニライカナイの寄稿二作品となっております。おそらく崩れる本棚さまのフリーペーパー「パラレル本棚」でもお世話になる予定ですので、そちらはかなり短いものとなりますが、多分崩れるさんがばらまきまくってくれるのではないでしょうか。あれ、どうだろう。わかんない。

 

けっこういろんなところに書いたかなと思うのですが、どうでしょうかね。寄稿たのしいです。誘っていただければ案外ひょいひょいついていくので、自分のキャパを忘れるということもなくはないのですが、たのしかったです。

 

 

お知らせはこんなものでしょうか。

そういえばネットプリントも再開しておりまして、twitterのほうでたびたび宣伝しておりますのでそちらご参照ください。継続して、20本くらい溜まったら大きめの本にしたいなって思ってます。まだまだです。

 

まあ文フリ東京もまだ一か月先です。寄稿先のことも詳細わかり次第、しつこく告知してゆくので、どうぞよろしくお願いしますね!

 

 

 

落山 羊

 

 

 
◎近況
今更になってアゴタ・クリストフの『悪童日記』を読みました。それから一気に『二人の証拠』『第三の嘘』、と読み進めてぶはーっとなったりなど。ドライなのに生々しい文章、かたり、なのにすばらしく面白くってもう。これはやっぱり映画も観るべきなのでしょうかね。わたしももっと淡々と、もっと生々しく、もっと底抜けにおもしろいものを書きたい。そこにノスタルジックななにかがあって、このシリーズほんとうにすごいなあと惚れ惚れしてしまいました。多忙でくたばりかけです。

0 件のコメント:

コメントを投稿