日記と、手書きの力のお話

ネットプリント配信第三弾、「カフェテラスに拡散する夜」、ちょうどさっき配信を開始しました。
セブンイレブンでは【36437600】、ファミリーマートやローソンなどでは【3THGAUJ6LF】にて、
プリント代金20円でゲットできます。雨宿りのほんの五分にでも、いかがでしょうか~。
前回のことをちゃきちゃき反省して、確認しました。きっちり。


さて、今日は、ペットのジャービルのジャビエルが死にました。けれど、なんとなく悲しむような気分にはなれず、雨もうっすら降っているし、外へ原稿をしに行きました。ジャビエルことジャビ子はおとといあたりから衰弱していて、その状態が長引かなくてよかった。
不思議な符号ですが、ちょうどおととい、家の冷蔵庫が壊れました。
電気屋さんで冷蔵庫を買ったけれど、配達は30日。それまでクーラーボックスにロックアイスをいれてしのいでいますが、その日暮らしが続いています。キッチンには腐臭。ほんとうに、なんだかおかしな気分になるもので、わたしは何故だか調子がいいくらい。雨降りのなか、出かけてゆく程度には。

昨晩、少し考えることがあって、おそろしく前向きな夜で、すごいことを思いついた。ので、三か月ぶりに、わたしは日記帳を引っ張り出して、いつものカフェで原稿をはじめる前に、日記を書きました。わたしにとって日記はけっこう特別で、あまり習慣ではないけれど、なんというか、手放せない。
日記の冒頭に、なぜかわたしはわたしでない誰かがわたしの日記を見たときのために注意書きをしています。ちょっとだけ、引用。

「2013・1・16~
読んでもぜんぜん構わないが、傷つくのは私じゃない。
2月11日の日記の2枚目から読むのをすすめておく。あとは、自由だ」

尖っています。けれど、読んでほしいというこわいくらいの熱望がある。実際、わたしは少し、この日記を誰かに読んでもらいたい。自分で自分の日記を読み返すのは、とてもすきです。わたしは、わたしの書いたどの小説よりも、たぶん、わたしの日記がすき。
わたしの書いたどの小説よりも、100倍以上のパワーがある。手書きの文字というのはこわいもので、そのときのこころもちを、剥き出しにしている。わたしの場合、いいときのほうが文字はぞんざいで、ひどいときのほうが、文字は整然としている。だいたいが細いボールペン字で、神経質な字だ。

日記を書くことは、一時期に比べるととても減ったけれど、それはなんとなく、よくないことだとも思います。わたしが日記を書く目的のひとつが、自分がその時をどう生きているのかを記録するためで、いわば自分の観察日記だから。この日記は2013年からつけていても、ノートの半分もいかない。もとより飽き性だけれど、それにしてもひどい。だのに、捨てることはない。
面白いものです。

自分がそのとき抱えていた苦悩を、誰に憚ることも、飾ることもなく、自己愛に満ちた文体できちんと記している。

これが、本当に面白い。詩はパソコンでは書けないんです。それと同じものを、というか、ルーツが日記だと思う。ここまでの烈しい主張を、肉を纏った小説では書けない。日記は骨とか、内臓とか、そんな感じなんです。それを曝してしまいたい欲求、すごく、すごく魅力的です。

今日書いた日記は、前向きなもの。自分に関するとある発見について、ひどく興奮したような奇妙に冷静なような、汚い字で書いている。悪いときは、いちいち日記を書いただのをブログに書こうとは思わないだろうけれど、今日はそうでなかった。
ジャビ子が死んだのに。

カフェで一本、書き上げました。
本当は〆切が近いものがひとつあって、そちらの原稿をやらなければならないのだけれど、必要のあるものって、どうしてもなかなか、書けない。うまくいかないことが多い。とても。

アイスカフェモカの上にのった生クリームをすくって食べるのがすき。甘いものにはけっこう目がない。外で原稿をしていると、ふと帰ろうと思い立ち上がるとき、ずっとお手洗いに行きたかったことを思い出したりして、ぶわーっと鳥肌がたったりしました。



落山 羊



◎近況
「霊応ゲーム」がアツい、ということで復刊したものを購入して、読了。600頁とは思えないスピードで読み切った。つまり、とても面白かった。結末に明瞭な理由づけやトリックを求めるひとも出てきそうだが、オカルトが好きな性質としてはとてもとてもアツい。パブリックスクールって、すごく嫌で、すごくいいなと思う。なんにせよ、美少年というのは危険なものですよね、美少女のように。

近ごろはけっこうボンヤリしていることが多くて、何かと抜けている。階段を下りていたとき、何となく勢いづいて、階段がカーブしてきて、緩めようと思ったのにうまくいかなくて、その勢いのままに壁に膝を強打しました。いまも、青黒く痣になっている。膝小僧に痣など、なんたる……。躰の端々に意識が行き届かず、つま先や関節をあちこちにぶつけてばかりいます。あと、昨日は食器棚に指を引き込まれて、すごく痛かったです。不注意は、よくない。

コメント

このブログの人気の投稿

第二十四回文学フリマ東京活動報告

Text-Revolutions5参加報告

テキレボ6参加報告&文フリ東京予告編